ファイターポーン【おすすめスキルまとめ】最適化考察 – 覚ソロ

検証時期:season2.3DDONファイター

DDON(ドラゴンズドグマオンライン)のファイターポーン全てのカスタムスキルを一通り検証し、評価をまとめてみました。

また、おすすめスキル構成やファイターポーンの特徴、おすすめクレストやアビリティも紹介しています。

カスタムスキル評価一覧

スキル名をクリックすると、各スキル考察、検証記事へ移動します。修練情報なども載せているでそちらもご活用ください。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。

スキル名評価
一閃突き
刀牙昇斬
シールドバッシュ
天蓋斬り
逸らし斬り
直下突き
センチュリオンスパイク
円月斬り
チャリオットムーブ
弐段突き
流剣閃
ブレイブスレイド
豪溜斬り

おすすめスキル構成

管理人がよく使用しているカスタムスキル構成です、参考までにどうぞ。

ポーンのスキル構成を考える上で、スキルの用途が重複しないほうが状況の対応力が上がるので、そこに注意しつつ汎用性の高い構成で考えてみました。

陸戦バランス型

  1. 一閃突き
  2. 逸らし斬り
  3. センチュリオンスパイク
  4. 弐段突き

長所:攻防のバランスが取れている。

センチュリオンスパイクを装備しているところがポイントで、前線の踏ん張りに期待できます。
小回りの利くスキルを中心に構成しているので隙が少なく、被弾を減らす事ができるので同格、格上の敵を相手にする時におすすめの構成です。

短所:対空攻撃がない。単体には強いが、集団には弱い。

天蓋斬りがないので、他がフォローする必要があります。ファイターは高い位置の攻撃が苦手な職で、ポーンにおいてはしがみつき攻撃も苦手なので、低い位置の攻撃を重視した割り切った構成になっています。
ジャストタイミングの逸らし斬りは集団でもいけますが、基本この構成は突き攻撃が主力なので攻撃範囲が狭いです。

大型戦重視型

  1. 逸らし斬り
  2. 天蓋斬り
  3. 弐段突き
  4. 任意

天蓋斬りを装備させて攻撃範囲を重視した構成です。スキは増えますが攻撃頻度を高くしたい場合におすすめ。

ブレイブスレイド型

  1. 逸らし斬り
  2. ブレイブスレイド
  3. 任意
  4. 任意

ブレイブスレイドをメイン火力としたスキル構成。格下、同格を相手にする場合はこちらがおすすめ。
状況に応じてスキルを色々付け替えて戦わせると良いと思います。相性の良いスキルを見つけてみてください。

スキルの候補としては、ブレイブスレイドは小型の処理が苦手なのでそこを補うか、天蓋斬りを付けて対空攻撃に対応させる、または豪溜斬りでしがみつき攻撃を強化してみても良いかも。

ファイターポーンの特徴

ポーンの逸らし斬りその1

強斬り崩しをよく使う

ファイターポーンはノーマルスキル「強斬り崩し」をよく使います。なので隙をなくす為にもファイターアビリティ「俊動」は必ず付けてあげておきたいです。
ちなみに強斬り崩しは吹き飛ばし命令に対応しなくなったので注意。(seaon2.2から新たに「敵弱体化:行動停止」命令に対応しました。)

設置魔法に弱い

設置魔法に対しての対応が甘く、状態異常にかかりやすいです。
盾持ちポーンは特にガードしてしまうことが多いので気を配る必要があります。

しがみつき頻度が高くなった

season2.0から、ファイターとウォリアーにしがみつき用のカスタムスキルが実装された為、近接職ポーンの自律行動時にしがみつくことが多くなりました。

その為、ファイターアビリティ「狂刺」や豪溜斬りの重要度が上がったのでどちらかを装備させた方が良いでしょう。

ただ動きの速い敵に対してはしがみつてもすぐに降りてしまうことが多いので状態異常で拘束する等の対応が必要になってきます。

逸らし斬りが強い

どの近接職のポーンも言えることですが、回避系カウンターの使い方がうまいです。
そのなかでも逸らし斬りは攻撃力があり、リーチの長さも相まって攻撃範囲が広いのでおすすめです。

安定したダウン時火力

ソーサラーポーンに匹敵するぐらいダウン時火力が安定しています。
特に弐段突きはトップレベルの安定度と強さです。クレストによる状態異常との併用も有効ですね。

おすすめクレスト構成

ポーンのシールドバッシュ

定番型

  1. 属性クレスト(属性の種類は任意)
  2. 物理攻撃力上昇クレスト
  3. 物理攻撃力上昇クレスト
  4. 物理攻撃力上昇クレスト

凍結ファイター

氷凍結のクレスト×4

おすすめのアビリティ

※()内は習得可能ジョブ

必須のもの

俊動(ファイター)

前述したので説明は不要ですね。隙がなくなり、攻撃効率UP。

闘勢(ファイター)

物理職定番のアビリティですね。体力ゲージに注意。(体力の数字4桁目の左辺りがライン)

攻〇(ソーサラー)

こちらも定番。常時発動しやすいように武器のクレスト属性に合わせましょう。

あったら便利

壮腕、剛攻、新攻、月攻(各ジョブ、シークレット)

筋力UP系アビリティ全般は場面状況を問わずおすすめ。新攻、月攻はメンテナンス前限定ですが非常に強力。猛攻はちょっとコスト重すぎて装備させづらいですね。

斬崩 倒(ファイター)

強斬り崩しの使用頻度が高いので。

狂刺(ファイター)

コスト重めですが、豪溜斬りを装備しないなら。

〇狙(各ジョブ)

あらかじめ、敵の種族が分かっている場合有効です。

重当、烈当(ウォリアー)

大型戦メインの時に。気絶しない敵も結構増えたので注意

重攻、勇攻(ウォリアー)深攻(シーカー)

チャンス効力UPアビリティ。シャドウ系、ミスト系の大型対策に。

快動(アルケミスト)

装備重量が重い時や、スタミナ消費の激しいスキルのお供に。

壮坊(シールドセージ)

こちらもスタミナ対策。集団に囲まれた時に有効。

堅牢(シールドセージ)堅盾(ファイター)

ガード値が足りない場合。

ファイターポーン総評

雑魚処理、大型ダウン時火力が他職のポーンに比べ安定しています。ただ、大型がダウンする前や空中の敵は基本苦手です。対空スキルとしては天蓋斬りや流盾翔などがありますが、他職のポーンの方が上手く対応出来ている印象ですね。
スキル構成次第では扱いづらくなりますが、トータル的にみるとかなりバランスのとれたポーンだと思います。