シールドバッシュ【ファイターポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキルシールドバッシュ

検証時期:season2.3

ジョブ別検証。DDONのファイターポーンにレベル6以上のカスタムスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回はシールドバッシュの検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。
記事はseason2.3時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

 

シールドバッシュ

主な用途:打撃属性怯ませ 主な対応命令:打撃属性、吹き飛ばし 習得可能:Lv6~

強化情報:レベルUP威力上昇 レベル5→6モーション変化/攻撃回数増加

ポーンのシールドバッシュ

打撃属性攻撃のシールドバッシュ

このスキルは打撃弱点の敵を怯ませるのに有効なスキルで、ダメージ量は少ないので常時装備には向いてないです。

ポーンは使うタイミングをあまり考えずにガンガン前に出ながら攻撃してしまいまうので吹き飛ばし力をかなり強化しておかないと反撃を受けやすいです。
格下の敵相手なら反撃を受ける前に倒してくれますが、格上相手だと被弾の原因になりやすいですね。

盾の吹き飛ばし力は武器に依存するので、可能なら鈍器を装備した方が、良いかもしれません。運用するなら装備、アビリティをしっかり見直す必要がありそうです。

鎧系の敵との相性が良い

敵の盾を弾いて一方的に攻撃することができるので、鎧系が多いクエストなどで装備させると結構活躍してくれます。

相性の良いアビリティ:吹き飛ばしUP系、気絶UP系アビリティ

修練

6→7 Lv10以上オオカミ×40
7→8 Lv10以上レッドキャップファイター×30
8→9 Lv20以上ミストファイター×30
9→10 Lv18以上エント×10

実戦での感想

打撃弱点の大型のブレイク狙いや気絶補助等使いどころはありますが、被弾率がかなり増えるので、格上相手だと装備させないほうが無難な気がしますね。

弐段突きでもブレイク狙いや状態異常の累積はできるので、使わせる場面は案外限られているかなと思いました。

特徴を出すなら、ファイターアビリティの「倒盾」やウォリアーの気絶UP系アビリティなどを沢山積んで気絶特化ポーンにしてみるのも結構面白いと思います。