直下突き【ファイターポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキル直下突き

検証時期:season2.3

ジョブ別検証。DDONのファイターポーンにレベル6以上のカスタムスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回はの直下突き検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。
記事はseason2.3時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

 

直下突き

主な用途:跳躍移動攻撃 主な対応命令:大威力 習得可能:Lv13~

強化情報:レベルUP威力上昇 レベル5→6モーション変化/攻撃ヒット数増

ポーンの直下突きその2

一撃必殺チャンス攻力の高い直下突き

使用頻度は高いですが、攻撃地点を決めてから目標に飛んでいくまでの跳躍時間がネックで、攻撃範囲も狭い為、小型の敵など動き回る敵が相手だと外すことが多く、硬直時に反撃に遭いやすいです。

直下突きは突き刺した時と引き抜き時に攻撃判定があります。

大型ダウン時

ポーンの直下突きその2スキルを使う度に場所取りに時間が掛かってしまうので、あまり向いていないです。

またこのスキルの最大のデメリットは、大威力命令に対応してしまっている為、弐段突きやブレイズブレイドを大型ダウン時に使わせたい時に競合してしまい、ダメージ効率を下げてしまいます

お勧めできません。

修練

6→7 Lv25以上ロックリザード×30
7→8 Lv20以上サイクロプス×10
8→9 Lv25以上エント×8
9→10 Lv25以上キメラ×15

実戦での感想

動きの遅い敵との相性が良く、ザクザク倒してくれます。チャンス攻力が高いので、大型のミストやシャドー系も当たってくれれば強いです。

ただ前述した通り、ポーン命令の仕様上、弐段突きブレイブスレイドを使わせたい時に命令が競合してしまうので、デメリットが大きくて装備させずらいです。

まぁ、弐段突きの場合は吹き飛ばし命令に対応しているので振り分けは可能なんですけどね、他のポーンに制約か掛かってきちゃうので。

例えばPTにファイターポーンとシーカーポーンがいて、大型ダウン時に直下突きを装備している状態で弐段突きと爆炎線を使わせたい場合「大威力→吹き飛ばし」の順で命令を入れればいいわけですが、爆炎刃などシーカーの吹き飛ばし対応スキルを装備させることができなくなっちゃうんですよね。

このあたりのことをくわしく説明してるともう別記事になってしまうので今回はこの辺で;