豪溜斬り【ファイターポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキル豪溜斬り

検証時期:season2.1

ジョブ別検証。DDONのファイターポーンにレベル6以上のカスタムスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回は豪溜斬りの検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。記事はseason2.1時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

豪溜斬り

主な用途:しがみつき攻撃 主な対応命令:なし 習得可能:戦技の継承

強化情報:レベルUP威力上昇 レベル5→6攻撃ヒット数増加/必要入力回数減少

ポーンの豪溜斬りその1

揺さぶりに耐えられるしがみつき攻撃、豪溜斬り

ポーンはしがみつても、敵が攻撃行動を起こすとすぐに降りてしまう特徴があるので、ポーンとは元々相性の悪いスキルです。

ただ、凍結や石化などで敵を拘束すれば使ってくれるので状態異常ができるPT編成なら役に立つと思います。

season2.0からの仕様変更

ポーンは中型の敵にもよくしがみつくようになったので、火力UPにはなりますが、ファイターにはもともとノーマルスキル「えぐり突き」があるので、豪溜斬りをはずした上で、ファイターアビリティの「狂刺」を付けてえぐり突きをさせる方法もあり、どちらがよいか考える必要があります。

修練

6→7 Lv60以上フロスト・マキナ×5
7→8 Lv60以上侵食グリフィン×5&Lv60以上侵食ベヘモット×5
8→9 Lv65以上スカージ×5
9→10 Lv65以上カースドラゴン×8

実戦での感想

豪溜斬りとえぐり突きを比較した場合、豪溜斬りは最後までスキルを出し切らないと高火力にならないのに対し、えぐり突きはコンスタントにダメージが与えられるので、

通常時のダメージソースとしてみるなら、しがみつき状態からすぐ降りてしまうポーンにはえぐり突きのほうが良いかなと思います。

ただ、大型のブレイク狙いには役に立つので、豪溜斬りが使える状況をしっかりお膳立てしてあげればすごく強いですよ。

大型怒り時限定ですが、命令で使用させる事もできます。

ポーン命令(ゆさぶり命令→〇属性攻撃)※〇は武器の斬or打属性、しがみつき確認後