ガードビット【プリーストポーン考察】ソロ覚者向け

skil-list4p

検証時期:season2.3

ジョブ別検証。DDONのプリーストポーンにレベル6以上のスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回はガードビットの検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。
記事はseason2.3時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

ガードビット

主な用途:攻撃無効化 主な対応命令:なし 習得可能:Lv6

強化情報:レベルUP持続時間延長 レベル5→6魔法球増加

ポーンのガードビット

敵の攻撃を魔球の数だけ無効化できる、ガードビット

レベル6以上で5個魔球を出せるので、プリーストポーンの被弾をかなり抑えられます。持続時間もかなり大事なのでできるだけレベルをあげておきましょう。
ダメージ量が大きくても魔球の消費量に関係が無い為、格上の敵との相性が良いスキルです。

ただ、ポーンは元々敵の攻撃を回避する頻度が高い為、魔球が無駄になってしまうことも多いです。
胞子に触れても魔球を消費するので浸食系の敵がいると効果が切れやすいデメリットもあります。

ゾーンオブザゴッドと合わせて使おう!

ポーンのガードビットその2ゾーンオブザゴッドとの相性が良く、敵の攻撃による詠唱完了後の魔法中断を防いでくれるので、

ポーンがガードビットを発動させたら積極的に使わせてみるのも良いでしょう。

修練

6→7 Lv15以上スケルトンメイジ×30
7→8 Lv8以上レッドキャップファイター×50
8→9 Lv16以上ドレッドエイプ×9
9→10 Lv18以上エント×10

実戦での感想

これを装備させるだけでも、かなりプリーストポーンの生存率上がります。自律行動で勝手に使ってくれているのも良い点。

敵の攻撃を一定回数防ぐというスキルの特性上、ダメージが低い時はあまり装備させる必要がないので、格上ならガードビット、格下ならソリッドライザーという感じで付け替えると良いと思います。