ヒーリングスポット【プリーストポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキルヒーリングスポット

検証時期:season2.3

ジョブ別検証。DDONのプリーストポーンにレベル6以上のスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回はヒーリングスポットの検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。
記事はseason2.3時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

 

ヒーリングスポット

主な用途:体力回復 主な対応命令:体力回復 習得可能:Lv13

強化情報:レベルUP設置持続時間延長 レベル5→6展開エリアサイズ拡張

ポーンのヒーリングスポット

設置型の回復スキル、ヒーリングスポット

スポット系はあまり動けない通路など、閉所の戦闘で役に立ちそうですね。

ただ、このスキルはプリーストポーンが使う場合は、回復対象に近づいて使います。必然的に敵に攻撃されている味方に近づくので、前線に巻き込まれやすく、詠唱もなかなか成功しないです。

デメリットが多い

ノーマルスキルの「ヒールオーラ」に比べるとかなり回復が早いですが、前線で使うスキルとしては詠唱時間が長い為、使わせるタイミングが難しく、体力回復命令をしてもヒーリングスポットを使うかヒールオーラを使うかはポーンの判断になるので戦略的にも利用しづらいです。それに誰かしら体力が減っていないと使ってくれない(あらかじめ、敵の攻撃に備えて使えない)ので利用局面が限られてしまいます。

プリーストポーンに装備させるにはデメリットが多く、おすすめできないです。

修練

6→7 Lv10以上レッドキャップ×25
7→8 Lv20以上ロックリザード×30
8→9 Lv20以上オーブエネミー×30
9→10 Lv20以上キメラ×8

実戦での感想

ヒールオーラだと回復が間に合わないような切羽詰まった時にヒーリングスポットを待つ猶予はあまりないので、結局回復アイテムを使ってしまうんですよね。

離れて回復できるヒールオーラのほうがなにかと優秀なので、装備させるメリットがあまりないです。

ソリッドライザーと合わせて使えば状態異常の防げない劣化ハンズオブゴットみたいなことは出来そうですが、なかなか任意のタイミングで発動させられないので、ポーンPTだと実用は難しいですね。素直にシールドセージポーンに使ってもらった方が早いです。