スタンバースト【シールドセージポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキル スタンバースト

検証時期:season2.1

ジョブ別検証。DDONのシールドセージポーンにレベル6以上のスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回はスタンバーストの検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。記事はseason2.1時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

 

スタンバースト

主な用途:受け待ちカウンター 主な対応命令:なし 習得可能:Lv30

強化情報:レベルUP威力上昇 レベル5→6受付時間延長

ポーンのスタンバースト

気絶効果のあるシールドセージ受け待ちカウンタースキル、スタンバースト

ヘイトを稼ぐ青職という役割上、相性が良いスキルですが、レベル6から受付時間がかなり長くなり、敵の攻撃を受ける事ができないとその分行動が出来なくなるので、これがシールドセージポーンにとっては逆にデメリットになっています。

スタミナ消費が激しく、連続で発動するとスタミナ切れを起こす事が多くなってガードが弾かれることもありそうですね。

青職の本分が疎かに…

ポーンのスタンバーストその2気絶値を累積できるという利点はありますが、シールドセージポーンの肝心のアトラクト等のヘイト稼ぎが疎かになるので装備させないほうが良いと思います。

後ろに下がりながら攻撃を当てるタイプのスキルで、やたらとカッコイイ敵から離れながら攻撃してくれますが、

射程が短く敵に当たらない事もあり火力面は余り期待できないです。

相性の良いアビリティ:ヘイトUP系アビリティ、アルケミストアビリティ「快動」

修練

6→7 Lv40以上グリフィン×8
7→8 Lv40以上ジェネラルオーク×10&Lv40以上コロッサス×10
8→9 Lv40以上コカトリス×10&Lv40以上ウィッチ×5
9→10 Lv45以上エルダードラゴン×10&Lv45以上グランエント×5

実戦での感想

ポーンのスタンバーストその3ポーンAIは受け待ちカウンターに必要な

攻撃地点を予測して自分から攻撃に当たりに行く

行動が出来てないので全般的にこの手のスキルは装備させないほうが良い感じがします。

受付時間が本当に長く、悪目立ちするのでむしろスキルレベル5止めの方が良いかもしれませんね。

シールドセージポーンはライト系スキルで様々な状態異常にできるので、気絶まで求める必要はないかなと思います。でも見た目がやっぱりカッコイイのでたまには気分転換に装備させてあげるのも一興かと。