ハンズオブゴッド【シールドセージポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキル ハンズオブゴッド

検証時期:season2.1

ジョブ別検証。DDONのシールドセージポーンにレベル6以上のスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回はハンズオブゴッドの検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。記事はseason2.1時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

 

ハンズオブゴッド

主な用途:ダメージ、状態異常無効化 主な対応命令:ハンズオブゴッド発動 習得可能:Lv35

強化情報:レベルUP詠唱時間短縮 レベル5→6展開エリアのサイズ拡張

ポーンのハンズオブゴッド

ダメージ、状態異常無効化の空間で味方を守る、ハンズオブゴッド

風圧、地震、掴み攻撃以外なら怖い物なしのスキルで、シールドセージポーンはスタミナが一定値に減るまで使ってくれます。自律行動では使用せず、個別の命令に対応したスキルです。

命令を出すと覚者にかなり近寄ってから使うので使用させたいタイミングでこっちから近寄ってある程度発動タイミングを調整することができます。

詠唱スピードは早ければ早いほど発動成功率は上がるので出来るだけスキルレベルを上げておきたい所です。

プリーストポーンとの相性が良い

ポーンのハンズオブゴッドその2ハンズオブゴッドは使用している間にどんどんスタミナが減っていくので、プリーストのスキル「エナジースポット」との相性が良いスキルです。しばらくの間籠城できます。

ただ、ポーンは空間からすぐに出てってしまうことが多いので全員を一か所に集めて攻撃といった活用はちょっと難しいです。

ポーン命令(ハンズオブゴッド発動→エナジースポット発動)

相性が良いアビリティ:ウォリアーアビリティ「重歩」「穿歩」※重歩 軽 穿歩 軽はシークレット

修練

6→7 Lv46以上ダムドウルフ×50&Lv46以上バンデッドガーダー×20
7→8 Lv47以上ブラックグリフィン×8&Lv46以上リビングアーマー×30
8→9 Lv47以上コカトリス×12&Lv50以上ゴリアテ×12
9→10 Lv55以上モゴック×16&Lv55以上ズール×10

実戦での感想

hands-of-god3状態異常を完全にシャットアウトできるので設置時間の長い魔法を使ってくるリビングアーマーやウィルムなどと戦う時に、

取り敢えずシールドセージポーンに凍ってほしくない時に使わせると良いかも。

欠点は敵が突っ込んでくると場所をずらされたり、空間から押し出されることがあるので状況によっては解除して普通に戦った方が良い場合もあります。

風圧、地震はアビリティで防げますが、掴み攻撃は防ぐ手段がないです

使い方によっては色々面白いことができるスキルですが、ポーンに使わせると変なタイミングでスキルを解除したりして挙動が安定しないことがしばしばあり、場合によっては全滅の可能性もあるので運用は慎重に。