ストーンライト【シールドセージポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキル ストーンライト

検証時期:season2.1

ジョブ別検証。DDONのシールドセージポーンにレベル6以上のスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回はストーンライトの検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。記事はseason2.1時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

 

ストーンライト

主な用途:状態異常「石化」累積 主な対応命令:敵弱体化 習得可能:戦技の継承

強化情報:レベルUP異常値上昇 レベル5→6照射範囲拡大

ポーンのストーンライト

ライトで石化の状態異常値を累積できる、ストーンライト

敵の動きを完全に止めることができる「石化」のライト系スキルでかなり強力なスキルです。使える敵も割と多く、汎用性が高いので常時装備候補スキルとしておすすめできるスキルです。

特にポーンPTでは敵の動きを止めることによって、ダウン中に弱点を激しく動かす相手に対して命中精度が悪いポーンでも攻撃しやすくなるのでPT全体の火力が安定します。また、打属性攻撃のダメージが増えるので攻撃方法を選択出来るならそのあたりも意識すると良いです。

上書きには注意

stone-light2他の状態異常を「上書き」するという特徴があり、他のライト系スキルと組み合わせて装備させている時は注意が必要です。

敵弱体化命令を出している状態だと立て続けにライト系スキルを使用するので、

遅延状態にした直後にうっかりすぐ石化してしまったりすると拘束時間が短くなってしまいます。しかしながら、それを逆用して大型ダウン中は凍結を上書きしてダウン時間を延長することもできるので、石化の累積具合をうまく調整しながらシールドセージポーンに命令を出すとかなり活躍してくれるようになります。

命令を出すタイミングが重要になってくるスキルです。

相性の良いアビリティ:フォースゲージUP系アビリティ

修練

6→7 Lv60以上フロスト・マキナ×5
7→8 Lv60以上侵食グリフィン×5&Lv60以上侵食ベヘモット×5
8→9 Lv65以上スカージ×5
9→10 Lv65以上カースドラゴン×8

実戦での感想

ポーンのストーンライトその3アルケミストポーンの「黄金化」は中々狙ったタイミングで状態異常にする事は難しいので、シールドセージポーンの良さが際立つスキルですね。凍結ができない敵(ウィルムなど)のダウン時間延長もでき、使える場面が多いです。

シールドセージポーンを上手く活用してスローライトの「遅延」、ヒュプノスライトの「睡眠」、ストーンライトの「石化」、凍結クレストを付けたランパートレイドでの「凍結」といったこれらの拘束手段で敵を拘束できれば、かなり楽に戦えるようになります。