ブラックヘイズ【ソーサラーポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキル ブラックヘイズ

検証時期:season2.2

ジョブ別検証。DDONのソーサラーポーンにレベル6以上のスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回はブラックヘイズの検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。記事はseason2.2時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

ブラックヘイズ

主な用途:単体攻撃、コア削り 主な対応命令:闇属性 習得可能:Lv6

強化情報:レベルUP威力上昇 レベル5→6継続時間延長/攻撃ヒット数増加

ポーンのブラックヘイズ

闇の霧で継続ダメージを与える事ができる、ブラックヘイズ

敵に付着するタイプのスキル(Dot攻撃)なので動き回る敵との相性が良く、攻撃範囲は狭いので基本単体の敵用のスキルです。どちらかというと大型向けですね。詠唱時間は5秒ほどでソーサラーのスキルの中ではコンスタントにダメージが与えられるのが特徴で射程距離も結構あります。

闇属性弱点の敵には効果的ですが、ソーサラーポーンの単体用火力スキルとしては、低レベル時はフロストスパイク、レベルが上がればサンダーレインが優秀で、

ソーサラーアビリティ※「攻闇」を覚えられるのも高レベルになってからという事情もあるので、低レベル時でも使い所がどうしても限られてしまいます。

月彫りの未鑑定装具でLv3攻闇までなら装備させることは可能

使い所は?

ポーンのブラックヘイズ怒り中でも安定して弱点部位を攻撃できるスキルなので、ブラックヘイズを装備させるならコア削りに使用させるのが良いです。

サンダーレインばかりだと怒り飛ばしのリスクがあるので、他のスキルと差別化するなら通常の大型戦だとこの運用方法ぐらいですかね。

ただ、ポーンにコア削りをさせる時は緑職でしっかりコア出しをやらないと、他の弱点を攻撃する事があるので注意が必要です。

ゴーレム戦などのメダル攻撃ではダークネスミストで代用が効くので使い所が少なくなってしまいました。コア削り以外の使い所としてはチャンス効力もそれなりにあるので、属性の相性も良いミスト系の大型などと戦う時に装備させるのも良いと思います。

相性の良いアビリティ:ソーサラーアビリティ「攻闇」

修練

6→7 Lv10以上マッドマン×30
7→8 Lv15以上ホブゴブリン×20&Lv20以上ゴブリンボマー×20
8→9 Lv15以上ドレッドエイプ×10
9→10  Lv15以上サイクロプス×18

実戦での感想

ポーンのブラックヘイズその2攻闇を付けて闇弱点の大型のコア削り、ダウン時火力として装備させるのも有用ですが、闇弱点の敵意外だとサンダーレインの方が優秀なことが多く、

ソーサラーの闇属性のカスタムスキルはこの他にはロックビート、ダークネスミストとソーサラーポーンにとっても有用はスキルが揃っているので、

もしそれらのスキルを装備させたい場合はブラックヘイズもサンダーケージと同じく、ポーンの属性指定行動命令の競合を避ける為にカスタムスキル枠から外す必要がでてきます。(特にダークネスミストは範囲攻撃スキルの中ではかなり使い勝手が良いです。)

スキルの汎用性を考えた時に、高レベルになるとコア削り枠として常時ソーサラーポーンにブラックヘイズを装備させてしまうのはちょっともったいない気がするので、基本付け替えで運用するのをおすすめします。

season2.2追記

公式ジョブ関連修正内容より

・カスタムスキル「ブラックヘイズ」
疲労攻力を上方修正いたしました。
詠唱時間を短縮いたしました。

詠唱時間が早くなり疲労攻力も上がったので、大型のコア削りにかなり有用になりました。闇コアの大型を始めとしてゴアサイクロプス、スパインバックなどコア削りしづらい敵にもおすすめです。評価を一段階上げました。

特にスパインバックは転がっている間はブレイク値が溜まりやすいので、こういった付着系スキルとの相性は良い感じですね。