フロストスパイク【ソーサラーポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキル フロストスパイク

検証時期:season2.2

ジョブ別検証。DDONのソーサラーポーンにレベル6以上のスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回はフロストスパイクの検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。記事はseason2.2時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

 

フロストスパイク

主な用途:大型ダウン時火力など 主な対応命令:氷属性 習得可能:Lv6

強化情報:レベルUP威力上昇 レベル5→6範囲攻撃追加

ポーンのフロストスパイク

巨大な氷の塊で敵を攻撃する、フロストスパイク

一点集中の攻撃が可能でソーサラーポーンの低レベル時のメイン火力になります。ジョブレベルが上がってサンダーレイン等を覚えるとその役割を終え、チャンス効力を活かせる場面で使用させるのがメインになると思います。

攻撃範囲は狭いので、動きの遅い敵や大型ダウン時に使用させるのが主になり、動き回る小型などの雑魚処理はスキルレベルを6以上にしないと厳しいです。

レベル6からの範囲攻撃追加

ポーンのフロストスパイクその2威力UPの為スキルレベルを上げていきたい所ですが、レベル6から範囲攻撃が追加されて、メインの氷柱の出が遅くなる為、敵の硬直時を狙うなど発動タイミングを少し工夫する必要がでてきます。

大型ダウン時以外の場面だとこの辺が考慮できないソーサラーポーンにとってはデメリットになってますね。かといってレベル5で止めると威力が上がらないので悩ましいところです。

高レベルになってからの使い所をしては、氷属性、チャンス効力の高さを活かしてミストドレイクと戦う時に装備させていくのが最適です。

相性の良いアビリティ:ソーサラーアビリティ「攻氷」

修練

6→7 Lv15以上スケルトンメイジ×30
7→8 Lv15以上スケルトンアルケミー×25
8→9 Lv15以上ワイト×20
9→10  Lv20以上スフィンクス×12

実戦での感想

ポーンのフロストスパイクその3範囲攻撃で集団の敵に多少は対応出来るようになりますが、高レベルになると他のスキルの選択肢も増えるので、

ソーサラーポーンにとってのフロストスパイクは低レベル時に使用させている時が全盛期で一番実用性が高い時期だと思います。

氷弱点のコア削りにしてもアイシクルピアス、ブリザードアローで結構削れたりするので、ジョブレベルが上がるにつれてソーサラーポーン用スキルとしては装備させづらくなってきますね。

season2.2追記

公式ジョブ関連修正内容より

・カスタムスキル「フロストスパイク」
氷柱部分が弱点にヒットしやすくなるようにいたしました。
※スキルLV6以上の場合、後発する「氷柱」部分のみの調整となります。

弱点に優先的に当たるようになったので、コア削り等に使いやすくなりました。大型用に装備させやすくなりましたね。