クレセントブレード【ソーサラーポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキル クレセントブレード

検証時期:season2.2

ジョブ別検証。DDONのソーサラーポーンにレベル6以上のスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回はクレセントブレードの検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。記事はseason2.2時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

クレセントブレード

主な用途:高威力範囲攻撃 主な対応命令:雷属性、斬属性、大威力 習得可能:Lv13

強化情報:レベルUP威力上昇 レベル5→6衝撃波が3方向化

ポーンのクレセントブレード

雷の衝撃波で敵を一掃する、クレセントブレード

雷属性の三日月状の刃を飛ばして一直線の敵を攻撃できるスキルで、敵が一列に並んでいれば一掃することができます。レベル6から衝撃波が3本になり、攻撃範囲が広がりますが左右の刃は攻撃力が低めです。

かなり遠くの敵まで攻撃できるスキルで、メリットといえる射程の長さを生かして戦闘前の狙撃に使用させたい所ですが、ソーサラーポーンは戦闘中しかスキルを発動できない為使用させることができないのが残念な所ですね。

また、障害物があると途中で消えてしまうので、閉所では使用させづらいのもデメリット

ソーサラーポーンの大魔法の詠唱

ポーンのクレセントブレードその2他の大詠唱魔法スキル全般に言える事ですが、詠唱時間がかなり長いので敵の攻撃で詠唱をキャンセルされやすいです。

その為、ヘイトを稼いでくれる青職がいないと発動成功は難しいのでPT編成次第では外した方が良い場合があります。

また小型、中型戦ではオーバースペックになる事が多く、詠唱している間に戦闘が終わってしまう事もあり、無駄行動になりやすいのも難点です。
雑魚戦で使用させない為には、戦闘毎にソーサラーポーンに何かしら詠唱の早いスキルの命令を出す必要があり、これが結構メンドクサイので普段から常時装備させるのはあまりおすすめできません。

相性の良いアビリティ:ソーサラーアビリティ「攻雷」

修練

6→7 Lv20以上レッドキャップ×30
7→8 Lv20以上サイクロプス×10
8→9 Lv25以上オーガ×12
9→10  Lv30以上ゴーレム×10

実戦での感想

ポーンのクレセントブレードその3レベル6から三方向に攻撃できるようになりますが、コアに当たりづらく地形の影響を受けやすいスキルです。また、ダメージがカンストしやすく、

高威力範囲攻撃としてもブリザードアローの方が何かと優秀なので、装備させるメリットがあまりないように思います。

極め付けは雷属性の為、サンダーレインの属性指定行動命令の邪魔になるという、う~ん。ソーサラーポーンとの相性はあまり良くないスキルだと思います。ただ、斬属性という特徴を活かせる敵が増えれば今後装備させる機会があるかもしれませんね。

season2.2追記

公式ジョブ関連修正内容より

・カスタムスキル「クレセントブレード」
Lv6から両サイドに追加される攻撃のみ、攻撃力を上方修正いたしました。
詠唱時間を短縮いたしました。