ブリザードアロー【ソーサラーポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキル ブリザードアロー

検証時期:season2.2

ジョブ別検証。ソーサラーポーンにレベル6以上のスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回はブリザードアローの検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。記事はseason2.2時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

ブリザードアロー

主な用途:高威力範囲攻撃 主な対応命令:氷属性、射属性、大威力 習得可能:Lv35

強化情報:レベルUP威力上昇 レベル5→6攻撃範囲拡大

ポーンのブリザードアロー

巨大は氷の矢で前方の敵を一掃する、ブリザードアロー

矢と言うより槍に近いですね;弱点をピンポイントで攻撃でき、ソーサラーから攻撃地点まで氷の塊を放ってその間の敵を範囲攻撃できる、といった一風変わったスキルです。

特に中型の集団の処理に有用で、大型の弱点を攻撃しつつ取り巻きを攻撃できるので、使いようによってはかなり強力。氷の塊が結構太く命中率も高いのでゴーレム系のメダル攻撃などにも効果的で、色んな場面に積極的に使わせたいスキルですが、詠唱時間が長い大魔法です。

出来るだけ敵集団を狙わせる

ポーンのブリザードアローその2どの敵を狙わせるかが重要になってくるスキルですが、ポーンは基本覚者が攻撃している敵を狙うので

前もって狙ってほしい敵に対してターゲット指定命令を出しておくと覚者の行動に関わらず、指定した敵を狙ってくれます。

その為、青職の近くなど出来るだけ敵が固まっている方にターゲット指定命令をしておくと、まとめて敵を一掃できるので良いと思います。この時詠唱をしている間に敵がやられてしまうと攻撃を中断していまうので、体力の多い敵を指定しておくとなお良いです。非常に強力な範囲攻撃ですが、ブリザードアローのもう一つの利点は貫通力。同じ氷属性スキルのアイシクルピアスは敵を貫通しないので、

貫通力を活かせる(アイシクルピアスの射撃ではコアが狙いづらい等)敵を相手にする時に装備させると、更にスキルの良さが活かせると思います。

相性の良いアビリティ:ソーサラーアビリティ「攻氷」

修練

6→7 Lv46以上ダムドゴブリン×150&Lv46以上コープストーチャー×50
7→8 Lv46以上エンプレスゴースト×30&Lv46以上ゴーストメイル×50
8→9 Lv50以上グリフィンアルケミー×12&Lv50以上ゴリアテ×12
9→10 Lv55以上モゴック×16&Lv55以上ズール×10

実戦での感想

ポーンのブリザードアローその3戦闘開幕前に詠唱させて撃たせたいスキルなんですが、ソーサラーポーンではできないのは勿体無いですね。

凍結補助もでき、コア削りも強力なので装備させておくと便利な場面が多いですが、やはり大魔法の詠唱時間がネックです。

その辺はいかにソーサラーポーンの詠唱時間を稼ぐかが重要になってくるので、出来るだけPTに青職は入れてあげた方が良いと思います。多少威力が下がってもいいので、詠唱時間がもう少し早ければ文句無しに常時装備スキル候補なんですけどねー。

season2.2追記

公式ジョブ関連修正内容より

・カスタムスキル「ブリザードアロー」
攻撃力を上方修正いたしました。