アイシクルピアス【ソーサラーポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキル アイシクルピアス

検証時期:season2.2

ジョブ別検証。DDONのソーサラーポーンにレベル6以上のスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回はアイシクルピアスの検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。記事はseason2.2時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

 

アイシクルピアス

主な用途:小型、中型攻撃 主な対応命令:氷属性 習得可能:戦技の継承

強化情報:レベルUP威力上昇 レベル5→6矢の数が増加/溜め攻撃が可能

ポーンのアイシクルピアス

高速放出の氷の矢で敵を攻撃する、アイシクルピアス

詠唱時間が早く非常に使い勝手が良いスキルで小型、中型戦に向いてるスキルです。大型戦でもコア削りに使えるので汎用性が高いですね

スキルレベル6から溜め攻撃による凍結補助もできるようになり、ソーサラーポーンでもしっかり使ってくれるのでスキルレベルを上げて装備させましょう。

氷属性の弱点ではない敵に対して使用させたい場合は、自律行動時に氷塊発現の後他のスキルを使ってしまう事があるので、氷属性行動命令を出しておいた方が良いです。

射撃タイプのスキルの注意点

ポーンのアイシクルピアスその2貫通はせず、ハンターやエレメントアーチャーのスキルなどと同じく射撃タイプのスキルなので、攻撃する時は敵との距離や角度などの位置取りが重要になってきます。

その為、アイシクルピアスの火力を活かすためには弱点の正面を陣取る必要があるのですが、ポーンはあまりこの辺りの事を考慮してスキルを使用せずしっかりと弱点に当ててくれない事があるので、大型のダウン時火力スキルとしてはあまり向いていないです。

この事はコア削り等、大型怒り時にも同じ事が言えるので、もし大型戦重視でスキルを構成したい場合には、代わりにブリザードアローを装備させた方が命中率やブレイク力の面で優っているので付け替えも考慮した方が良いかもしれません。

修練

6→7 Lv60以上フロスト・マキナ×5
7→8 Lv60以上侵食グリフィン×5&Lv60以上侵食ベヘモット×5
8→9 Lv65以上スカージ×5
9→10 Lv65以上カースドラゴン×8

実戦での感想

ポーンのアイシクルピアスその3ポーンに使用させると敵を倒した後も打ち続けたりと少し気になる挙動※(2.2で改善)もありますが、雑魚処理に関しては位置取りはあまり関係が無いので持って来いのスキルだと思います。

しかし大型の敵に対しては動きの遅い敵に対しては有用ですが、動き回る敵が相手だと状態異常で拘束したりしないと上手くスキルが当たらない事があるので、

ソーサラーポーンに氷属性のスキルを装備させる時は、チャンス攻力重視ならフロストスパイク、大型戦重視ならブリザードアロー、小型中型戦、汎用性重視ならアイシクルピアス、といった感じで目的別にスキルを付け替えてあげると活躍しやすいと思います。

season2.2追記

公式不具合対応状況より

特定の条件下において、ソーサラーのポーンが既に倒しているエネミーに対してカスタムスキル「アイシクルピアス」を射出し続けてしまう不具合が発生しておりました。
(2016/12/15)

※この不具合は2016年12月15日(木)の大型アップデート時に修正いたしました。

敵を倒した後の挙動が改善され、すぐ他の敵を狙ってくれるようになりました。無駄な行動が減った分、雑魚処理性能が高くなりましたね。