炎魔弓【エレメントアーチャーポーン考察】ソロ覚者向け

炎魔弓【エレメントアーチャーポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキル 炎魔弓

検証時期:season2.3

ジョブ別検証。DDONのエレメントアーチャーポーンにレベル6以上のスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回は炎魔弓の検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。
記事はseason2.3時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

炎魔弓

主な用途:範囲、ダウン時攻撃 主な対応命令:炎属性 習得可能:Lv6

強化情報:攻撃威力上昇 レベル5→6:爆発範囲拡張

ポーンの炎魔矢その1

起爆性のある炎属性の魔矢、炎魔弓

敵に魔矢を付着させ、攻撃して起爆すると炎属性の範囲攻撃ができ、Season2.2から詠唱速度が早くなったので使い勝手が良くなったスキルです。
特に体力の多い敵に付着させるとスキルの特性を活かせると思います。

閉所など密集している雑魚の処理が楽になり、近接職でプレイしている時にエレメントアーチャーポーンに装備させると良いですね。
起爆した時は吹き飛ばし力もあるので周囲の敵の足止めにもなります。

ダウン時火力を重視したい時に

ポーンの炎魔弓 その2大型のダウン時に、弱点に付着させなくても炎魔弓の爆発自体は弱点に優先して当たりますが、

近接職の起爆要員が起爆出来ないので絶え間なく起爆するには結局の所、頭等の弱点に付着させる必要があります。ダウン前に1,2本付着させる事ができれば尚良いです。

ポーンPTだと条件が結構厳しいですが、付着させて絶え間なく起爆させれば、エレメントアーチャーポーンのスキルの中ではかなりの高火力が出せますね。

そのためにはエレメントアーチャーポーンのダウン中の位置取りが上手くいかないとダメなので、大型の頭がポーンの方に向くようにダウンさせる工夫も必要です。

ダウン時の倒す方向やポーンの位置取りが上手くいかなかった時は他のスキルで攻撃させるなどの対応をした方が良いと思います。

相性の良いアビリティ:「攻炎」、吹き飛ばし力UP系

修練

6→7 Lv20以上ダイアウルフ×30
7→8 Lv20以上サルファーリザード×30
8→9 Lv15以上ドレッドエイプ×10
9→10 Lv15以上トロール×12

実戦での感想

enmaya3ポーンは基本的には頭を狙うのでダウン中に激しく頭を動かす大型(竜族系など)は特に相性が悪いですが、

EMの黒騎士などは起爆がしやすくダウン中動かないので、エレメントアーチャーポーンに炎魔弓を使用させても相性が良いです。

また、ピクシーキングと戦う時などの集団戦では体力の多いキングにターゲット指定命令を出すことにより、取り巻きと一緒に攻撃できるようになります。

同じ付着系攻撃スキルのブラックヘイズと併用すると常に起爆できて強力ですね。
スキルの特性上、手数の少ない職ばかりのPTだと上手く機能しないので、起爆を上手くできるPT編成で装備させるのが良いでしょう。