閃魔光【エレメントアーチャーポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキル 閃魔光

検証時期:season2.3

ジョブ別検証。DDONのエレメントアーチャーポーンにレベル6以上のスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回は閃魔光の検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。
記事はseason2.3時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

閃魔光

主な用途:付着攻撃 主な対応命令:聖属性 習得可能:Lv13

強化情報:攻撃威力の上昇 レベル5→6:魔法球継続時間が延長 / 攻撃ヒット数増加

ポーンの閃魔光その1

聖属性の魔法球を付着させ持続攻撃をする、閃魔光

某サイヤ人の息子の技に名前が似ていますが、こちらの技は複数ロック(3つ)できる聖属性の魔法球で、敵に付着させて持続的にダメージを与えることが出来ます。癒し魔矢とは対の用途のスキルですね~。

フルチャージで敵に付着させてから他のスキルで攻撃するといった攻撃方法が上手い使い方なのですが、エレメントアーチャーポーンに装備させた時は閃魔光を連射してしまう事があるのでスキルの性能を活かしきれていません。

また、魔法球を発射した時に出始めが癖のある軌道で飛んでいくので、閉所で使用させると敵に当たる前に壁などに付着してしまう事があり、弾速も早くはないので開けた場所や動きの遅い敵でないと命中率があまり良くないです

聖吸が必要な場面で

ポーンの閃魔光 その2浮遊している敵に使用させれば聖吸の状態異常にできるので、地面に落としたい時に便利です。エレメントアーチャーのアビリティ「聖襲」を装備させるとポトポト落としてくれるのでオススメです。

吹き飛ばし力もそれなりにあるので、大型怒り時のブレイク狙いやコア削りにも使用させることは出来ますが、

Season2.3からは触裂魔矢の方がそういった用途には向いてるので、装備させる場面は以前に比べると少なくなってきました。

相性の良いアビリティ:「攻聖」、「聖襲」、「一勢」、「迅矢

修練

6→7 Lv20以上ゴブリンボマー×30
7→8 Lv20以上ロックリザード×30
8→9 Lv20以上アーマーサイクロプス×10
9→10 Lv25以上グリフィン×10

実戦での感想

ポーンの閃魔光 その3聖属性が弱点の多いキンガル峡谷地域などや、ストリクス、ガーゴイル等小型の鳥の処理にも活躍してくれます。

閃魔光は比較的近くの敵もロックできるスキルでポーンに装備させても詠唱が成功しやすいく、連魔弾等の死角をフォローしてくれるので、手数自体は増えます。

使用局面を余り選ばないので、格下の敵が相手で魔導弓の攻撃力が強ければ雑魚処理用に常時装備でもおすすめできるスキルです。