減防魔弓【エレメントアーチャーポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキル 減防魔弓

検証時期:season2.3

ジョブ別検証。DDONのエレメントアーチャーポーンにレベル6以上のスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回は減防魔弓の検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。
記事はseason2.3時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

減防魔弓

主な用途:敵の防御低下 主な対応命令:敵弱体化 習得可能:Lv20

強化情報:低下力の強化 レベル5→6:ターゲット数増加 (3→5)

ポーンの減防魔弓 その1

敵の物理、魔法防御力を一定時間低下させる魔矢を放つ、減防魔弓

敵の防御力を下げることが出来る減防魔弓ですが、防御力低下はエレメントアーチャーの敵弱体化の中では有用なスキルです。
ただこちらのスキルも小型等に使用してしまう事があるので、常時装備スキルとしては向いていないですね。

なので大型戦重視の時に装備させるのが良いと思います。

ダウン時前までに状態異常に

ポーンの減防魔弓 その2主に大型用スキルという事になりますが、エレメントアーチャーポーンには連魔弾による凍結、怒り中のコア出し、弱体魔弓、コア削りの触裂魔矢

やらせたい事が沢山あるので、実戦的に考えると減防魔弓を撃たせてる猶予があまりないです

ダウンまでに防御低下の状態異常にしないと最悪ダウン中に減防魔弓を撃ってしまう事もあるので、

結局の所エレメントアーチャーポーンの扱いが難しくなってしまいますね。敵を石化をしたい場合も上書きされるので意味がなくなってしまいます。

あえて減防魔弓の使い所を挙げるなら浸食、狂浸系の大型を相手にする場合ぐらいですかね。
怒り状態がないので防御力が上がることがなく、常に火力が欲しい状況が続くので装備させても良いかもしれません。特に狂浸系はダウン時間が短いですからねぇ。

修練

6→7 Lv20以上ドレッドエイプ×15
7→8 Lv25以上ファットアンデッド×30
8→9 Lv25以上スフィンクス×10
9→10 Lv35以上ベヘモット×3

実戦での感想

ポーンの減防魔弓 その3防御低下の状態異常にするまでにも数発撃たせないといけないので耐性のある敵だと結構時間がかかり、あまり早くに防御低下の状態異常を入れてしまっても、

ダウン中に効果がきれて減防魔弓を連発してしまうこともあるので、結構悩ましい状態になってしまうことが多いです。

防御低下の状態異常はタイミングが大事で、どれだけスムーズに減防魔弓を撃たせることができるかでこのスキルの価値がきまってくるので、戦う敵やエレメントアーチャーポーン次第ですね~。

理想的に事が進めばかなり有用なスキルなんですが、ポーンPTだとこのあたりの調整は結構難しいと思うので、普段使いのスキルとしてはあまりおすすめできないスキルです;