奮わせ魔矢【エレメントアーチャーポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキル 奮わせ魔矢

検証時期:season3.0

ジョブ別検証。DDONのエレメントアーチャーポーンにレベル6以上のスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回は奮わせ魔矢の検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。
記事はseason3.0時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

奮わせ魔矢

主な用途:スタミナ回復 主な対応命令:スタミナ回復 習得可能:Lv30

強化情報:魔法球継続時間の延長/ 展開エリア拡張 レベル5→6:詠唱速度が上昇

ポーンの奮わせ魔矢その1着弾地点にスタミナ回復効果のある魔矢を放ち、魔法球を展開する、奮わせ魔矢

味方に魔法球を付着してスタミナを継続的に回復できる奮わせ魔矢は、プリーストとのエナジースポットのより回復量は少ないですが、動き回れるのが利点です。

なのでポーンに近づいてスタミナを回復してあげるなんて使い方もできますね。使用頻度が高く、特に命令を出さなくても結構勝手に使ってくれます。

魔法球付着中は、壮腕の維持は厳しいですがスタミナ切れをおこすことがなくなり、Lv6から詠唱速度が上がるので、装備させるならしっかりレベルを上げておきたい所です。

奮わせ魔矢のデメリット

ポーンの奮わせ魔矢その2スタミナを気にする必要がなくなるので近接職をプレイしている時なんかはついつい装備させたくなりますね。

ただ、癒し魔矢や奮わせ魔矢といったスキルは味方をロックしますが、敵をロックするタイプのスキルと一緒に装備させるとロックする対象が違う為、場所取りに時間がかかってしまうことが多いです。

支援ポーンとして割り切って運用する分には良いですが、攻撃系と味方をロックする支援系のスキルを混在させてしまうと板挟みになって全体的にスキルの使用頻度が下がるので、スキル構成をしっかり見直さないとどっちつかずなポーンになってしまいます。

相性の良いアビリティ:エレメントアーチャーアビリティ「延療

修練

6→7 Lv40以上シルバーロア×5
7→8 Lv40以上モルトロール×7
8→9 Lv40以上ホワイトキメラ×5&ダイアウルフ×50
9→10 Lv40以上アングルス×5&コカトリス×5

実戦での感想

ポーンの奮わせ魔矢その3治し魔矢の場合は詠唱が一瞬なので発動がとても早く、ポーンのスキル使用条件も味方が状態異常の時のみなのでそれほど問題ありませんが、

奮わせ魔矢はLv6以上でも5秒かかり、使用条件が常時なので攻撃頻度が下がってウロウロする無駄行動が多くなってしまいます。

奮わせ魔矢自体は良いスキルなんですけどね~、攻撃スキルを装備させたエレメントアーチャーポーンのAIとの取り合わせが悪いです。
まぁスタミナ回復アイテムの節約にはなるんですけどね。

このスキルは「スタミナ回復」命令に対応したスキルですが、非戦闘中(右上のIn battle非表示時)でも使用させることが出来るので大型戦直前などにポーンに使わせると、とても便利ですよ。
近くにNPCがいるとたまに使うことがあります。(笑

season3.0追記

使用頻度が高くて攻撃頻度に影響が出ていたので少し低めの評価をしていましたが、ポーン戦術育成で調整できるようになったので評価を一段上げました。

元々かなり有用なスキルなので常時装備候補スキルになったと思います。