弱体魔弓【エレメントアーチャーポーン考察】ソロ覚者向け

弱体魔弓【エレメントアーチャーポーン考察】ソロ覚者向け

カスタムスキル 弱体魔弓

検証時期:season3.1

ジョブ別検証。DDONのエレメントアーチャーポーンにレベル6以上のスキルを一通り装備させて五段階で評価してみました。

今回は弱体魔弓の検証です。

装備するとかえって扱いずらい。装備非推奨。
デメリットのほうが大きい。やや装備非推奨。
PT編成や戦う敵によっては有用かも。付け替え推奨。
常時装備候補。
すごくおすすめ、常時装備推奨。

評価のほうはPT編成、戦う敵や場所、命令の出し方で見解が変わってくると思うので参考程度にお願いします。
記事はseason3.1時点での評価で、今後のリファイン状況によっては修正、加筆をしていきたいと思います。

弱体魔弓

主な用途:敵スタミナ削り補助 主な対応命令:(命令キャンセル)orシークレットコア発現 習得可能:Lv35

強化情報:低下力の強化 レベル5→6:魔法球継続時間の延長(15秒→30秒)

ポーンの弱体魔弓 その1敵スタミナを大幅に低下させる魔矢を放つ、弱体魔弓

敵のシークレットコアに魔法球を付着させる事により、コア削りを早める事ができるスキルです。付着させただけではスタミナは減らず、攻撃しないと意味がないスキルなので音がしたら積極的にコアを狙いましょう。

ブレイクシステムとかなり相性の良いスキルで、吹き飛ばし力によるブレイクと合わせて一気に大型をふらつき状態にもっていけます。アンチゆさぶりスキルですね。ポーンに装備させた時の隠れたメリットとして、狙っている間は怒り中コアが消えてしまった時の再発現も早くなります。

また、弱体魔弓は詠唱時間が長いのでLv6以上にして継続時間の延長するメリットは大きいです。このスキルは出来るだけレベルをあげましょう。

触裂魔矢との併用

ポーンの弱体魔弓 その3エレメントアーチャーの触裂魔矢はコア削りに向いているスキルで、弱体魔弓の後に撃たせると効率よく大型のスタミナを削ることができます。

ただ、弱体魔弓はそれほど命中率が良いわけではなく、当たりずらい場合は最初から触裂魔矢を撃たせる方が良い場合もあるので戦う敵や状況によって使い分けると良いと思います。(特に闇コア持ちの大型の場合

ゴアサイクロプス(ノーマル)のようにスタミナが異常に削りづらい敵や怒り飛ばしをしてしまいそうな時は特に便利なスキルですね。

相性の良いアビリティ:エレメントアーチャーアビリティ「通眼

修練

6→7 Lv46以上ダムドウルフ×50&ダムドゴブリンファイター×50
7→8 Lv46以上リビングアーマー×30&Lv46以上ダムドゴーレム×12
8→9 Lv50以上グリフィンアルケミー×12&Lv50以上ゴリアテ×12
9→10 Lv55以上モゴック×16&Lv55以上ズール×10

実戦での感想

ポーンの弱体魔弓 その2属性行動命令などを出していると使ってくれません。命令を上書きしたい場合はシークレットコア発現命令を使うと便利です。

例)大型怒り時にエレメントアーチャーポーンに触裂魔矢を装備させている状態でソーサラーポーンにブラックヘイズを撃たせて弱体魔弓を使って欲しい場合。
闇属性行動命令→シークレットコア発現命令

シークレットコア発現命令は緑職にのみ対応している命令なので振り分けが可能です。ポーン命令は出来るだけ間を開けずに出してください。