DDONソロ探索が捗る。至高ジュエリー【探究】作ってみました

前回の至高ジュエリー【戦徒】作ってみましたに引き続き、今回は至高ジュエリー【探究】を作ってみました。PPの貯蓄が多少あったので割とスムーズに作れましたよー。おかげでプレイポイント無くなってしまいましたが;

Seaon3ではジョブエンブレムのプレイポイント育成要素にエンブレムストーン?なるものが実装されるようでPPが更に必要になりそうなので、それまでにはまたある程度貯めておきたいです。

まぁでも私が一番気になっているのはポーン戦術育成のカスタムエディットの方なんですけどね。マンドラゴラ育成は…別にいいかな。さてさて今回の至高ジュエリー【探究】ですが、これもどちらかというとソロプレイ向けっぽいアビリティが揃っています。

至高ジュエリー【探究】

グレゴリー

戦徒のリングプレートは至高の戦功勲章が5つ必要でしたが、探究のリングプレートは3つ(プレイポイント6,000PP分)で作れます。

クラフト後、また商店区裏通りでお馴染みのグレゴリーさんに鑑定交換してもらいましょう。イベント絡みでよく来るし最近は会いに行く機会が多くなりました。

…無事交換出来ました。(当たり前;

至高のリングー 探求あーちょっ、またリングですか…戦徒の時もリングだったので被らないで欲しかったなー;うーん、プレイポイント貯めて最悪作り直しって手もあるけど流石にそれはしんどいですねー。

まぁ取り敢えずはしばらく使っていくことにします。こちらのアビリティ名のレベルも探究「Lv1」になってますね。今後竜彫りの秘装具みたいに低い確率でLv6とか出てくるようになるんですかね?

ただ、私は引き弱なので確率抽選はやめて欲しいなぁ(涙

アビリティの効果検証

探究は探採/宝眼/延泉/安着/流断/薬効のLv6より高い効果とのことです。ちなみに普通に装備した時のLv6トータルのアビリティコストは6(3)+3(1)+5(2)+8(5)+3(1)+7(5)=32(17)(内はシークレットアビリティ)。早速検証していきたいと思います。

探採/宝眼

公式でアナウンスされてますが、こちらのアビリティは上限がLv1なので、効果に変更はないみたいです。そこまで重要なアビリティではないため、装備したことがない人もいるかもしれないので検証してみました。一応比較するとこんな感じです。

ハイデル平原クエスト「騎士団の仇敵」地点より

探採/宝眼なし探採/宝眼あり

探採/宝眼なしだと近くの宝箱しか×が表示されませんが、探採/宝眼のアビリティが両方有効だと×だらけになります。

今まで通いなれた場所でも、結構見逃していたところもたまにあったりするので、

しばらく探究を付けながらいろんな所をウロウロしてみるのも良さそうですね。

特に新大陸、新地域実装時などアップデート直後はアイテムの位置など把握できていないので便利なアビリティです。

戦闘中のステータスが上がるわけでもないし直接敵との戦闘には関係が無いですが、ちょっと得した気分になりますよねー。

延泉

延泉 検証

時計を見ながら計測。効果継続時間は探究ありで※34分でした。(レスタニア時間ではなく実時間)

わざわざ覚者の自室に戻って温泉につかりに帰るのには微妙は時間ですね;ちなみにエクストリームミッションなどだと効果が消えてしまいます。(一時的に消されるのではなく、強制的に消滅)

※念の為もう一度測定したら34~35分でした。回線の状況とか関係しているのかもしれないのでちょっとあやふやです。参考程度に;

season3.0追記

NPCアランから受けられるエクストリームミッション(元グランドミッション)の方は効果が残ります。効果が消えるのはNPCアイザックから受けられるものだけです。

安着

安着 検証このアビリティを装備すると飛び降りた時に空中でうつ伏せになって手足をパタパタするまでの時間が長くなります。

つまりノーダメージですむ高度が延長されますが、落下ダメージが減る訳ではないです。(ダメージを減らすのは羽踏

正直アビリティ自体の効果は微妙ですが、落下ダメージをギリギリ受けてしまう場所などで試したところ、しっかりと効果を確認できました。Lv6との違いはちょっとわかりません><

流断

流断 検証ジンゲンの谷底の川を走り回ってきました。これは体感でわかるレベルですね。ジュエリーを装備している時は普段の走る速度とほんど変わらないようでした。

川が深い場所を走るほど効果がハッキリとわかるかと思います。このあたりはエピソード4「レオの遺せし物」でも舞台になっていましたが、山間の景色がとても綺麗ですね!

薬効

こちらは癒しの薬でサクッと検証。薬効 検証

薬効なしに比べてLv6は1.6倍、探究あり(Lv1)は1.8倍という結果になりました。0.2倍増。

しっかりLv6以上の効果が出ていますね。実用面で考えればこのアビリティ効果が一番有用ですね~。

初見の場所の探索に向いているアビリティ「探究」

必須レベルのアビリティはありませんが、通いなれていない場所に行くときには結構良いアビリティが揃っていると思います。戦闘主体の時は外しちゃいますが、ちょっとした時に効果を実感できるので一個持っておいても損はないと思いますね。

至高ジュエリーシリーズこれで2種作成できました。時間がかかりそうですが次は夜帝のリングプレートあたり作ってみたいですね。またコツコツをプレイポイントを貯めていきたいと思います。